日本料理から学べばより調理が上手に。今から実践できる豆知識

お魚料理の調理法で見かける霜降りと言われる方法を知らずに作れないというケースもいることでしょう。

もともと何故必要なのか、どこから手をつければ良いのか、そこを理解出来ればすんなり納得できる筈です。
煮魚の調理は霜降造りによる下処理が肝心なのですが、これは大根・胡瓜などを使った一夜漬けは、毎回食事に添えたい小鉢ではないでしょうか。

当座漬けを手作りする際に使う塩の量は、素材に比しておよそ2~3%が適正量とされています。

食塩のみでも充分ですが、昆布もしくは鷹の爪、又はショウガなども一緒に漬ければ趣のある味わいですとか旨味が出ます。

お新香を作る際は塩の密度差の働きで野菜の含有する水気が抜けますので、かなりの野菜を一回で摂取する事もできるでしょう。

結果として、比例して緑黄色野菜が持っているビタミン類を取り込む事もできる訳なのです。

塩の過剰摂取には留意して、日々摂取しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク